×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

都市・郊外型

都市・郊外型
宿泊施設
  • 都市型
  • 都市・郊外型
  • 都市・郊外型2
  • 観光型
  • 観光型2
  • ホーム >> 都市・郊外型


    都市・郊外型

    都市および郊外型
    ラブホテル
    ホテルや部屋による様々なサービス
    1日中部屋に滞在できるための食事などのルームサービス。
    回転ベッド、ウォーターベッド。
    浴室に備えられたサウナ室、マジックミラー張りの浴室(ベッド側のみから浴室内が見え、浴室内では鏡張りとなる)、浴室の壁や天井に張られた大型の鏡。
    複数のミラーボール、ブラックライトで光らせた蛍光色の絵。
    SM用具などの設備。
    室内の自販機内に備えられたバイブレータなどの性具。
    コスプレ用コスチュームのレンタル。
    ジャグジーバス、マッサージチェア、カラオケ機器、テレビゲーム、パチンコやスロットマシーン 部屋にある精算機や、フロントと各部屋を繋ぐエアシューターによって、部屋にいながら会計ができる。
    (これは料金の未払いを防ぐのが目的で、客が部屋に入るとフロントからの遠隔操作で部屋の鍵がロックされ、部屋内の精算機で料金を支払うか電話でチェックアウトを告げるまで開錠されず出られないことがある)また火災で逃げ遅れて死亡したケースもある
    客の車のナンバープレートを隠すサービス(客の入室後に簡易な目隠し用スタンドをナンバープレートの前に置き、退室と同時に撤去する;なお、防犯上の理由から、防犯カメラあるいは従業員により、ナンバープレートの番号は記録されている)。
     
    問題点
    ホテルの経営者又は利用者により設置された隠しカメラで他人の性行為の映像が、アダルトビデオ作品となり市場に出回ることがある。
    ものによっては編集がなされていない場合もあり、個人間で交わされたプライベートな会話(つまり個人情報)が流出していることがある(例として、路上等違法販売されているアダルトビデオなど)。
    旅館業法では宿泊者名簿の設置を義務づけているが、ラブホテルではほとんど記入する人がいない。
    また、領収書もほとんどの場合出さない・客も受け取らないため、宿泊者数を実際の宿泊者数より少なく税務署に申告する経営者が多く、脱税の温床になっていると言われている。
    ラブホテルの経営が禁止されている区域において、いわゆる旅館として届け出を行い、あるいは既存の施設や設備を改修・改築・増築する等して、営業する『 偽装ラブホテル(類似ラブホテル)』が社会問題となっている。
      


    歴史

    歴史
    起源は、江戸時代の出会茶屋にまで遡る事が出来ると言われる。
    第2次世界大戦前には「待合」「赤線地帯」がその機能を果たしていた。
    第2次世界大戦後には「連れ込み宿」が多く登場した。
    1980年代頃から回転ベッドなど豪華な設備のホテルが建設された目黒エンペラー(目黒川沿いに存在し、現在は「ホテル目黒エンペラー」と改名)が有名であった。
    なお、現在はこのような形態でラブホテルを新規開業する事はほぼ不可能なため、ビジネスホテルで申請し、認可が下りた後に小規模な改装をして営業をしている所がほとんどで、これらは風適法にて届け出されている正規のラブホテルと分けて偽装ラブホテル(類似ラブホテル)と言われている。
    そのため外観的に一般のホテルと大差ないラブホテルが増えてきている。
    かつての、いわゆる連れ込み宿では、女中がお茶を持ってきたが、現在のラブホテルでは受付・会計も自動精算機の導入で店員と顔を合わせずに出入り出来るようになっていることがほとんど。
    ただし、一時期ラブホテルにおける殺人事件が多発したため、警察の指導により防犯ビデオが設置されている事が多い。
    これは顧客名簿に記入しない事に対する代替処置である。
    又、一人客、ペット同伴、外国人、同性同士などの利用を断るラブホテルもある。
    なお、本来ラブホテルでは18歳未満は入店禁止であるため、18歳以下の子連れや家族利用はあり得ない。
    ラブホテルと思われる施設で子連れや家族利用を可としている所は偽装ラブホテルである可能性が高い。
     
    類似語
    モーテル
    モーター+ホテルで、自動車のまま入れる形式のホテルの事。
    英語圏での「Motel」には性交渉専用のホテルといった意味合いはあまり無いが、ロサンゼルス近郊など地域や都市によってはドライブしているカップルを主な客層とするところもある。
    性交渉専用の「Motel」は「ADULT MOTEL」という言い方があるが、その存在も名称もあまり一般的ではない。
    ファッションホテル/ブティックホテル
    若い世代に合わせたおしゃれな内装のラブホテル。
    レンタルルーム
    男女が性行為目的で使用する部屋とされているが、実際にはホテルヘルスなどの無店舗型風俗店のサービス提供場所として利用されているケースが多い。
    ホテルとは性格が異なり一部を除いては宿泊は出来ない。
    逆さクラゲ
    かつての「連れ込み宿」が温泉マークを表示していた事から使われた隠語。
    偽装ラブホテル
    ラブホテルの経営が禁止されている区域において、いわゆる旅館として届け出を行い、あるいは既存の施設や設備を改修・改築・増築する等してラブホテル営業するホテル。
    警察用語では類似ラブホテル。
    元業界団体代表が逮捕されるなど社会問題となっている。
     
    立地
    繁華街の少しはずれに密集し、いわゆるラブホテル街を形成している場合がある。
    寺が密集する寺町周辺。
    精進落としとして栄えた遊郭街の名残が主(東京・湯島、鶯谷、大阪・下寺町、名古屋・新栄)。
    高速道路のインターチェンジ周辺や幹線道路沿いにもしばしば見られる


    風俗営業法
    風俗営業法
    風俗営業法に「店舗型性風俗特殊営業」の一つとして「専ら異性を同伴する客の宿泊(休憩を含む。
    以下この条において同じ)のように供する政令で定める施設(政令で定める構造又は設備を有する個室を設けるものに限る)を設け、当該施設を当該宿泊に利用させる営業」(第2条第6項7号)とあるが、政令の基準と一般にラブホテルと考えられる内容に差異があり、「店舗型性風俗特殊営業」に該当しない偽装ラブホテル(類似ラブホテル)も数多い。
     
    事件
    新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件
    新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件とは、1981年3〜6月に東京都新宿区歌舞伎町のラブホテルで3人の女性が相次いで殺害された事件(未解決)である。
    ラブホテルにおける防犯対策が取られる契機になった事件でもある。
     
    学術研究
    ラブホテルに関する学術研究は数が少なく包括的な論考は少ない。
    社会学の分野では、比較文化論の見地からラブホテルを考察した研究が存在する。
    この研究を行ったキム・イッキョンは、5年間で1000室超のラブホテルを調査しており、後に『スポーツニッポン』紙上に「ラブホ大学院」と題した連載を持つに至る。
    男と女の性愛学〜格差社会の最新版〜「ラブホ&セックス進化論」を週間ポスト2009年6月26日号に寄稿するなど風俗ライター的な活動を行っている。
     
    日本における利用者数
    日本国には2005年現在約3万軒のラブホテルがあり、1軒あたりの平均客室は、約20室。
    一部屋につき1日2、3組の客が利用するというデータを元に計算すると、1日の全国の利用者は、約200万人に達する。
    利用に便利な日本全国のラブホテルを紹介した「ラブホテルポータルサイト」などもある。
     
    日本国外の概況
    欧米から見た日本のラブホテル
    日本国外において、意地悪く日本を紹介する雑誌などの特集の中で、日本のカルチャーとしてラブホテルが取り上げられる事がある。
    欧米では、単なる売春宿(合法・非合法問わず)を除けば、一般のカップルを対象とした、性交渉のみを目的として利用する宿泊施設が、駅前や街中に公然と存在することは大変珍しい(必要な場合は、自宅や一般の宿泊施設が利用される)。
    このため、日本の都市部の狭小な住宅事情からくるプライバシー確保問題などと関連させて論じられる事もある。
    日本を批判的に論ずる意見の中で述べられたりまたは取り上げられたりすることも多い。
    リビア
    リビアの最高指導者ムアンマル・アル=カッザーフィーは、日本のラブホテルで使われている回転ベッドを業者から輸入し愛用していた。
    これはトリポリにあるリビア大統領官邸が米軍に爆撃された時、各国の報道陣に現場映像を公開したとき明らかとなった。
    韓国
    韓国において、日本のビジネスホテルにあたる中価格帯のホテルが極めて少ない為、ラブホテルを外国人観光客も含め、一般旅行者が利用する事がある。
    価格の割りに設備がよい事から外国人観光客に人気のホテルもある。
    韓国には、いわゆる日本式ラブホテルから、韓国独自の「荘旅館」「旅館」などが存在する(英語では「MOTEL」と書かれている場合が多い。
    また目印に「温泉マーク」が描かれている)。
    ホテルによっては、宿泊者の多くが旅行者というところもあり、日本のようにすべてをラブホテルとして画一的に線引きするのは難しい。
    ただし、ラブホテルには必ずTVチャンネルにアダルト放送があるので、それが一般ホテルとの違いとなっている。
    また一部地域において、住宅団地内に、韓国の商習慣にのっとりラブホテルが密集し、近隣住民とトラブルになっている例もある。
    2005年のAPEC釜山首脳会議では、市内のホテル不足が深刻化し、取材に訪れた各国記者がラブホテルに宿泊させられる事態となった。
    台湾
    台湾では、汽車旅館(モーテル)がラブホテル目的として利用されている。
    ただし、一般旅行者の利用もある。
    また、商務旅館(ビジネスホテル)でもラブホテル兼業の店舗が多く、部屋にはコンドームが用意されていたり、テレビチャンネルにアダルト放送が入っている。
       

    モーテル
    モーテル
    モーテル(motel)は幹線道路沿いにある、自動車旅行者のための簡素なホテル。
    この語は「自動車」(motor)と「ホテル」(hotel)のかばん語、あるいは「自動車運転者のホテル」(motorists' hotel)の略であり、英語辞書に載ったのは第二次世界大戦の後である。
    客用の駐車場(および、場合によってはそれに続くフロントなどの共用施設)に面して一続きの宿泊棟が建ち、客室のドアが駐車場に向かって並んでいるようなタイプのホテルを指す。
    また、駐車場に向かって客室のあるキャビンやコテージなどが並ぶタイプのものもある。
    荷物を客室まで運ぶポーターはいないかわり、宿泊客は自分の客室のドアの前に自動車を停めて荷物を運び入れることができる。
    価格は手ごろで荷物運びはセルフサービスとなっており、アメリカ合衆国では日本のビジネスホテルのような存在であるが、部屋はセミダブルベッドのツインルームなど広々としている。
    アメリカ合衆国では全国的な高速道路網が1920年代から建設され始めたが、同時に庶民の間でも長距離の自動車旅行が一般的になり始めた。
    このため、道中で泊まるための安くて幹線道路から車を乗り付けやすい宿泊施設が求められるようになり、モーテルというタイプの宿泊施設が急速に成長することになった。
     
    歴史
    モーテルというコンセプトのホテルは、1925年にアーサー・ハイネマン(Arthur Heineman)によりロサンゼルス北方のサン・ルイス・オビスポに建設されたモーテル・イン(Motel Inn)が始まりであった。
    当時のアメリカは道路事情も悪く現在以上に自動車旅行に時間がかかり、ホテルや駐車場を見つけられないドライバーは路肩やキャンプ場でテントを張るか車内で寝ることもあった。
    ハイネマンがサンフランシスコとロサンゼルスの間に作ったホテルはこうしたドライバーの需要を見込んだもので、「モーターホテル」を略してモーテルと名付けた。
    モーテル以前のオートキャンプ場や旅人宿とは異なり、モーテルは全米各地で均一で均質な外観を呈するに至った。
    宿泊棟はI字型、あるいはL字型かU字型の間取りで、駐車場に面して客室のドアが一列に並ぶ。
    駐車場の入口付近に管理人のオフィスと受付、場合によっては小さな食堂(ダイナー)が配置された。
    第二次大戦後には、モーテルは走行中の客の目に止まりやすいようなきらびやかで大きなネオンサインを出すようになった。
    多くはカウボーイやインディアンなど西部らしいモチーフや、宇宙船や原子力など当時流行のモチーフが使われている。
    夫婦で経営する小規模経営のモーテルは全米の都市郊外の道路沿いに立ち並び、真新しい車でアメリカ横断旅行に出る自動車愛好家らが泊っていった。
    モーテルと普通のホテルの相違点は、ホテルは町の中心部に建つ傾向がある一方、モーテルは郊外などの幹線道路沿いに建つ傾向があることである。
    またモーテルは客室のドアが駐車場など屋外に面していることも、ホテルとの大きな相違点である(ホテルの場合、客室のドアは屋内の廊下に面している)。
    モータリゼーション以前の古いホテルは自動車の客を想定せず駐車場をもたないこともあるが、モーテルは駐車場がつきものである。
    1952年にテネシー州メンフィスにケモンズ・ウィルソン(Kemmons Wilson)が家族旅行向けの安くてサービスのいいモーテル「ホリデイ・イン」を開業し全米に展開させるようになり、個人経営のモーテルは衰退し始めた。
    さらに州間高速道路の整備などで高速道路沿いにもホテルが進出し、モーテルとホテルの境界は次第に曖昧になった。
    しかし現在でも、古い国道沿いには5部屋程度の規模の小さな家族経営のモーテルが見られる。

    人妻
    長期滞在と時間単位の滞在
    モーテルの中には、長期滞在者のために客室に小さなキッチンを設けるものもある。
    アメリカではアパートに住む余裕のない人や家を追い出されたような人の中には、家賃の安いモーテルで生活する人もいる。
    またラテンアメリカや東アジアでは一泊のほかに時間単位でも部屋を貸すモーテルもあり、デート中やドライブ中のカップルの性的交渉のために貸し出されている。
    日本では郊外の道路やインターチェンジ付近に立地し自動車での来客の多いラブホテルが多数ある。
    メキシコでは「Motel de paso」、アルゼンチンでは「albergue transitorio」、チリでは「moteles parejeros」などと呼ばれ、ブラジルやコロンビアではモーテルを使うのはほぼすべてこうしたカップルである。
    フランスやベルギーにも「hotels de passe」という短時間用のモーテルがある。
    フィリピンでは保守的カトリック団体がモーテルに対し時間単位の滞在をやめさせる運動を行い、マニラでは運動を成功させた。
    モーテルと高速道路網は、犯罪容疑者にとっては逃避行を容易にするものであり、離れた土地を転々として簡単な手続きのモーテルで泊まりながら潜伏する者もいる。
    かつてはクレジットカードの決済に日数がかかりモーテルで容疑者が支払いをしたという情報を警察が得た頃には容疑者はチェックアウト後であったが、1993年以降連邦捜査局(FBI)はクレジットカードの支払と同時に容疑者データベースと照合するシステムを稼働させている。
    その他、現金払いの客に対しては合衆国発行のIDカードを見せるようモーテルに指導したり、地元警察がモーテルを巡回するような活動も行われている。
     
    韓国におけるモーテル
    韓国では、部屋にトイレやシャワーあるいは浴室の設備がある韓国式旅館は従来「○○荘旅館」と名乗っていたのが、近年「○○モーテル」への改称が進んでいる。
    一般の観光客を中心とする宿泊者が主な宿泊層のモーテルもあれば、外観も内装も主な宿泊層も日本のラブホテルと同様のモーテルもあるが、後者の場合も家族連れやシングル客などの一般宿泊者の宿泊を拒むことはなく、実際に設備が整っていて安価な宿泊施設として一般客の宿泊も多い。
    (一例) また、駐車場のない元「○○荘旅館」も一律に「○○モーテル」に改称する例も多いため、これらはモーテルの語源に反することになる。
    最近の人妻は孤独で寂しいのです。だから人妻の本当の内面を見ましょう。

    Yahoo!検索